Gogojungle人気No.1のEstoc GBPUSD M15を評価してみた

Pocket
LINEで送る

今回はGogojungleで今一番売れているEA、「Estoc GBPUSD M15」のスコアを計算・評価してみました。

人気No.1ですので、バックテストスコアもかなり期待して計算したのですが、ちょっと驚きの結果となりました。

Estoc GBPUSD M15
【8/2いっぱいで一旦販売終了】高勝率、低ドローダウンのGBPUSDスキャル!

 

バックテストスコア

スコア計算日 2018/07/31 スコアバージョン 1.00
名称 Estoc GBPUSD M15
期間 2008.01.01 – 2018.01.01
通貨ペア GBPUSD 時間足 M15
モデリング品質 90% スプレッド 10
純益 13347.64 総取引数 2320
ポジション数 1 平均数量 0.1
最大ドローダウン 496.3 勝率 90.73%
バックテストスコア 55

 

バックテストスコアは驚異の55点となりました。

前回まで紹介したEAの成績は1点と2点だったので、ちょっと衝撃です。

正直計算間違えたかなと何度も目を疑ってしまいました。

 

ドローダウンが小さく資金効率が抜群

まず特筆すべき点が、純益に対して最大ドローダウンが非常に小さいです。

最大保有ポジションも1ポジですので、少ない証拠金でも運用が可能となっています。

1回の期待利益は小さめですが、取引回数が非常に多いので純益も申し分ない数値です。

このため年利は非常に高い数値となっており、高スコアにつながっています。

 

バックテストの品質も問題なし

Estoc GBPUSD M15はバックテストの質による減点が全くありませんでした。

モデリング品質も最高値の90%ですし、テスト期間も10年、取引回数も十分です。

年利の面で高いスコアを出しつつ、バックテスト自体の品質もしっかり保たれており、高スコアを維持することができています。

 

現在は販売停止中

私も思わず欲しくなったEstoc GBPUSD M15ですが、現在は販売を休止しているようです。(2018/08/04時点)

どうやら一昨日までで一旦販売を終了したようです。

ぜひとも再販が待ち遠しいEAです。

 

総括

今回はちょっと衝撃的なスコアのEAでした。

あまりの高スコアにずっと疑いの目で取引履歴を眺めてました。(笑)

どうせコツコツドカンタイプでバックテスト中はうまく回避してるだけかなと思ってました。

しかし履歴をみると損切りもしっかりしており、不自然に長期保有している期間もなさそうです。

 

現在は販売停止しているのが残念ですが、今後再販されることがあれば是非購入してポートフォリオに加えたい、そんなEAでした。

 

Estoc GBPUSD M15
【8/2いっぱいで一旦販売終了】高勝率、低ドローダウンのGBPUSDスキャル!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)