「Angel Heart USDJPY」のバックテストスコアを検証

Pocket
LINEで送る

今回はちょっと視点を変えて、GogojungleのレビューランキングからEAを選んでみました。

レビューランキング3位にいたAngel Heart USDJPYの成績がなかなか良さそうだったので、今回はAngel Heart USDJPYのバックテストスコアを検証してみました。

 

Angel Heart USDJPY
エリオット波動論に基づいた高勝率EAです!

 

バックテストスコア検証

スコア計算日 2018/08/10 スコアバージョン 1.00
名称 Angel Heart USDJPY
期間 2008.01.01 – 2018.01.01
通貨ペア USDJPY 時間足 M15
モデリング品質 90% スプレッド 10
純益 12466.38 総取引数 5093
ポジション数 3 平均数量 0.1
最大ドローダウン 1300.52 勝率 72.65%
バックテストスコア 23

 

結果は23点とまずまずのスコアです。

何件か検証してきて気づいたのですが、バックテストスコアを出すと0〜5点ぐらいで落ち着くものと、20点超えてくるものの2パターンに別れることが多いです。

6〜19点のスコアになるEAはなぜか少ないです。

そういう意味では、20点を超えているかどうかが1つのポイントなのかなと感じています。

Angel Heart USDJPYは見事20点を超えてきています。

 

減点ポイントが一切ないバックテスト

バックテスト期間は10年

モデリング品質90%

スプレッド10(1pips)

取引回数5,000回と、どの点を見ても基準を満たしています。

そのため減点される要素が無いため高得点となっています。

 

本当の最大保有ポジションはいくつ?

Gogojungleの最大保有ポジションでは5ポジションとなっておりますが、バックテストを分析すると最大は3ポジションだったようです。

しかしパラメーターを見るとマジックナンバーがMagic1〜Magic7まで設定できるので、最大7ポジション保有するのでしょうか?

マジックナンバーが7まで設定できたとしても、同時に保有できるのは3ポジションまでと内部で制限している可能性もあるので、判断が難しいです。

いったいいくつが正式な最大ポジション数なのか不明でした。

 

販売ページを読んでみると最大ポジション数の項目に「公式データでは5となっておりますが、メインの数は3個です。」と記載があります。

ということは最大3ポジションってことでいいのでしょうか?

 

バックテスト内では3ポジションしか保有していなかったので、証拠金の計算も3ポジションでおこなっています。

もし最大ポジション数が7ポジションだとすると、必要証拠金も増えるのでバックテストスコアはもっと低い値となります。

そのため最大ポジション数の問題はちょっと気になりました。

 

感想

今回はレビューランキングで目に付いた、Angel Heart USDJPYについて検証してみました。

最近はあまりランキングで見かけませんが、少し前に人気だったのを覚えています。

 

バックテストスコア検証でも書きましたが、スコア20点が1つの壁なのかなと感じました。

Angel Heart USDJPYはその20点を超えてきています。

フォワードテストでも1年以上右肩上がりで来ているので、実力の高そうなEAです。

 

Angel Heart USDJPY
エリオット波動論に基づいた高勝率EAです!

 

 

Pocket
LINEで送る

4 thoughts on “「Angel Heart USDJPY」のバックテストスコアを検証

  1. こんにちわ~
    はじめまして
    興味深いサイトが出来たと喜んで見ております。

    Angel Heart応援団をしていますので、取り上げてくれてメチャ喜んでいます。
    さて、ポジション数のことですが
    普通のポジションは3つです。 バージョンアップの過程で撤退モードというのが
    出来たのですが、見てわかるように0.01lotのポジションを持つようになりました。
    更にトレーリングストップが発動した時も0.01lotのポジションを持つようになりました。

    実質は3ポジションなのですが、厳密に言えば5ポジションという事です。
    証拠金の計算も3ポジションで問題ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)