「ウィズダムホーク USD/JPY」のバックテストスコアを検証

Pocket
LINEで送る

今日は人気商品ランキングに上がってきてた「ウィズダムホーク USD/JPY」を検証していきます。

バックテストとフォワードテスト、両方共右肩上がりで成績はかなり良さそうです。

4月に販売が開始されたEAですが、これから徐々に人気が出そうな感じがします。

 

ウィズダムホーク USD/JPY
王道手法を堅実に突き詰めた、同時1ポジション、ナンピンなし、のシンプルEA。王道にして究極。賢者の知恵で獲物を狙う必殺の一撃!

 

 

 

バックテストスコア検証

スコア計算日 2018/09/18 スコアバージョン 1.1
名称 ウィズダムホーク USD/JPY
期間 2005.01.01 – 2017.12.31
通貨ペア USDJPY 時間足 M5
モデリング品質 89.99% スプレッド 2
純益 7610665.7 総取引数 2163
ポジション数 1 平均数量 1
最大ドローダウン 256174 勝率 85.58%
バックテストスコア 46

 

 

 

高勝率でドローダウンが小さいEA

TPで決済した場合の利益は15pips、実際には7.5pipsで利食いとなるケースが多いようです。

利食いが早い分、勝率は85%以上とかなり勝率の高いEAです。

 

バックテストの損益曲線を見た当初、コツコツドカンタイプのEAかと思いましたが、SLも60pipsで設定されており、損切りになって損失は限定的です。

そのため最大ドローダウンが小さく収まっております。

バックテストスコアでは最大ドローダウンが小さいと必要証拠金が小さくなり、収益率が上がって得点が上がります。

 

 

 

スプレッドが狭いのが減点

ウィズダムホークのバックテストは、スプレッドが2(0.2pips)でテストされていました。

これはスプレッドの狭いUSDJPYのテストとしても、狭すぎる設定です。

たとえばウィズダムホークは外為ファイネストでテストされているEAですが、外為ファイネストのUSDJPYの平均スプレッドは0.4〜2.0pipsです。

このため純益を減少させる補正をかけています。

 

 

 

後書き

ウィズダムホークの商品ページを見ていたら、次のような文言が記載されていました。

 

「負けないEAは危険??正しく負ける仕組み」

 

これはすごく共感できる言葉で、開発者のDrKoalaさんはEAに対する考え方はすごく私の好みだと感じました。

DrKoalaさんのEAは今後も検証していきたいと思います。

 

ウィズダムホーク USD/JPY
王道手法を堅実に突き詰めた、同時1ポジション、ナンピンなし、のシンプルEA。王道にして究極。賢者の知恵で獲物を狙う必殺の一撃!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)