「魔の金曜日FX USDJPY」のバックテストスコアを検証

Pocket
LINEで送る

面白いコンセプトのEAがあったのでバックテストスコアを検証してみました。

「魔の金曜日FX USDJPY」というEAで、金曜日にのみ取引をおこなうEAです。

 

魔の金曜日FX USDJPY
魔の金曜日と言われる金曜日に好成績のEA!!週1なのに週5のEA並みの純益!!一定期間9,800円で販売します。

 

 

 

バックテスト評価

スコア計算日 2018/10/14 スコアバージョン 1.1
名称 魔の金曜日FX USDJPY
期間 2005.01.01 – 2018.08.26
通貨ペア USDJPY 時間足 M30
モデリング品質 89.95% スプレッド 10
純益 2931.88 総取引数 270
ポジション数 1 平均数量 0.1
最大ドローダウン 389.33 勝率 71.48%
バックテストスコア 4

 

 

 

金曜日に取引するEA

「魔の金曜日FX USDJPY」は金曜日にのみエントリーするEAです。

TPは設定されていませんがSLは150pipsで設定されています。

実際にはSLで決済されることはほとんどなく、利食いも損切りも内部ロジックによって決済されることがほとんどです。

多くの場合はエントリーしたその日のうちに決済されますが、週を跨いでポジションを保有することもあり、数週間ポジションを持ち続けることもあります。

 

 

 

取引数が少ないのが欠点

「魔の金曜日FX USDJPY」は13年8ヶ月の取引期間の中で取引回数がわずか270回でした。

もともと金曜日にのみ取引するロジックですので取引回数が少なくなるのは当然ですが、バックテストスコアが水準としている1,000回に届かないため減点となりました。

 

1週間に1回の取引ですと13年8ヶ月で700回程度の取引回数ですが、「魔の金曜日FX USDJPY」は270回の取引ですので、金曜日なら必ずエントリーするわけではなく、エントリーポイントを絞っているようです。

だいたいですが10週に4回程度の取引頻度になります。

 

取引頻度が少ないため純益も伸びず、収益率も伸びませんでした。

この点もバックテストスコアが伸びなかった原因です。

 

 

後書き

金曜日は米雇用統計やジブリといった、イベントやジンクスが多く、EAも取引を避けることが多い気がします。

その中であえて金曜日にだけ取引するというのが面白くて検証してみました。

 

魔の金曜日FX USDJPY
魔の金曜日と言われる金曜日に好成績のEA!!週1なのに週5のEA並みの純益!!一定期間9,800円で販売します。

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)